外国人

外国人の会社設立ならスタートアップビザ

日本初のスタートアップビザ制度が福岡市で実現

外国人が福岡市で創業することを後押しするスタートアップビザ制度が話題を集めています。

福岡市が初めて認められましたが、現在では、国家戦略特区に指定されている東京都、愛知県、広島県、仙台市、新潟市、今治市でも同様の制度が認められています。

 

経営・管理ビザ

これまで、外国人の方が日本で会社設立や起業する際には、要件などでスムーズとは言えない手続きが必要でした。その一つが「経営・管理ビザ」の取得です。

この経営・管理ビザの取得をもっとスムーズに行おうとするのがスタートアップビザ制度になります。

 

手続きの流れ

経営・管理ビザは、ビザの申請前に各種要件を満たす必要がありましたが。スタートアップビザでは、この要件が緩和されています。これにより、外国人の起業家がスムーズにビジネスの始動に漕ぎつけることができるようになりました。ざっくりと流れを説明すると下記の通りとなります。(出典:福岡市公式ウェブサイト

  1. 創業活動計画書、履歴書、パスポートなどの必要書類を福岡市へ提出します。

    福岡市経済観光文化局 創業・立地推進部 創業支援課
    福岡市中央区天神1丁目8の1(TEL:092-711-4455)
    [URL] https://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/r-support/business/startupviza.html

  2. 福岡市が書類の内容をもとに創業活動確認を行う。
  3. 「経営・管理ビザ」の要件を満たせる見込みがある場合、福岡出入国在留管理局へ認定申請する。

    福岡出入国在留管理局入国・在留審査部門
    福岡市中央区舞鶴3丁目5−25(TEL:092-717-5422)
    [URL]http://www.moj.go.jp/isa/about/region/fukuoka/index.html

  4. 許可された場合、6カ月間の「経営・管理ビザ」の在留資格が認められる。
  5. 6か月の在留期間に、福岡市から創業活動の進捗状況の確認を受ける。
    スタートアップカフェでの創業活動支援も受けられる)

 

流れ

(出典:福岡市「国内初「スタートアップビザ(外国人創業活動促進事業)」)

 

福岡市で外国人の会社設立のことなら

福岡市で会社設立をお考えでしたら、外国人の会社設立手続きからその後の会計・税務支援まで宮川公認会計士事務所で対応しております。

福岡市、福岡県での会社設立・会社経営をお考えでしたら、下記にお問合せください。

宮川公認会計士事務所

福岡市中央区天神2丁目8番36号天神NKビル8階(TEL:092-791-1007)

[URL] https://miyagawa-kaikei.com/

関連記事一覧